内祝いはもう要らない

人気記事ランキング

ホーム > 仕事 > 遺言書 書き方

遺言書 書き方

遺言書の書き方のレクチャーをしていたら、親族に囲まれて無理やり書かされた遺言書はどうなるのか?との
ご質問を受けました。この場合は、もちろん無効になるわけですが、しかし本当に無理やり欠かされたのかは
書いた本人しか分からないので微妙な問題が残るそうです。

遺言書の書き方を教えてくれる講座を探しているのですが、どうも上手く見つかりません。
先日、老人会主催の遺言書・書き方セミナーへ行って行政書士さんに教えていただきましたが、自分にどう当てはまるのか・・・といったところでどうしても迷いが生じます。このような場合に、遺言書を添削してくれる人がいるといいのですが。講師の行政書士さんはそのようなサービスを提供しているのでしょうか。
遺言書 書き方といっても、遺言書には色々な種類があるわけですから、まずは、何方式の遺言書にするかを決めて、こんどはその方法についてあれこれ調べてみるというのが良いのではないでしょうか? 遺言書の種類には、いろいろありますが、ビデオに収録した遺言書というのは認められないとその先生が言っていました。デモ正直、紙に書いた遺言書よりもビデオに収録した遺言書の方がよほど説得力があると言うか信用性があると思うのですよね。これはもう、明治時代に制定された民法の限界とも言うべきではないでしょうか?
遺言書 書き方は、けっこう色々ポイントがあって、一部だけインクがにじんで読めないとき、全体として無効となるのか、その一部だけ無効となるのかとか、相続人として想定していた人が、遺言者が亡くなる前に、実は死んでいたとか、ほとうに奥が深い実務上の問題があるそうです。
"


タグ : ,