内祝いはもう要らない

人気記事ランキング

ホーム > > 髪の毛の色素について。

髪の毛の色素について。

髪の毛の色というのはどうやって決まっているのでしょうか。
人間の髪の毛には、メラニンという色素が含まれています。
髪の毛の中にある、コルテックスという部分に、
このメラニンが含まれています。
メラニンには二種類あります。
黒褐色のユウメラニンと、
赤色あるいは黄色のフェオメラニンです。
人種によって髪の毛の色が違うのは、
このユウメラニンとフェオメラニンの含有量の違いによります。
アジア人や黒人といった、
黒髪の人達は、ユウメラニンが多く含まれています。
一方で金髪の人達は、両方のメラニンの量が少ないのです。
赤髪の人はフェオメラニンが濃いのでしょう。
髪の毛を脱色するというのは、
脱色剤を使って、
このメラニンを分解する事を言います。
メラニンが減少し、
髪の毛の色が薄くなり、
金色に近付いていくのです。
また、このメラニンには紫外線から人体を守るという役目もあり、
濃い黒色の髪の毛を持つ人種は紫外線に対して強いと言えます。
特に日の光が強い地方に住む人の髪の毛が黒いのは、
そういう理由からです。

育毛剤の専門的な知識はこちら!!